FC2ブログ

徳島県名古屋事務所

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

≫ EDIT

西日本第二の高峰「剣山」へ行こう!

 皆さま,ゴールデンウイークはいかがお過ごしですか?
 さて,今年も「日本百名山」のひとつ,「剣山」への登山バスの運行がはじまりました。
 ゴールデンウイーク及び夏休みの期間中などに,様々なルートから運行されます。
 パーク&ライドや,ご乗車になった方への特典など,お得な情報もあります。
 詳しくはこちらをご覧ください。
 剣山登山バス
 「剣山」

| 観光のご案内 | 16:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阿波和三盆糖

阿波和三盆糖


「竹糖」と呼ばれる在来種のサトウキビを原材料に,ほとんど昔ながらの手作業で作られる「阿波和三盆糖」。
高級和菓子の材料として欠かせない存在ですが,そのまま食べても,上品で控えめな甘さがふんわりと口の中に広がり,とても美味しいです。

| 物産のご紹介 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご来所ありがとうございました!!

去る4月20日から24日まで「春のふるさとフェア」を開催いたしましたところ,たくさんのご来所をいただきましてありがとうございました。

期間中ははそうめん,ちりめん,竹ちくわ,フィッシュカツ,わかめをはじめとしていろいろな商品をご紹介させていただきました。

特に「ちりめんの佃煮」はご好評をいただき,早々と売り切れてしまってご迷惑をおかけいたしました。
次回は冬に開催する予定ですので,ぜひまたおこしくださるようお願いいたします。

春フェア

| 物産のご紹介 | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祖谷のかずら橋

かずら橋

源氏との戦に敗れた平氏の哀話が伝わる、秘境“祖谷”にあるかずら橋。
シラクチカズラ(重さ約5トン)で作られたもので、長さ45m・幅2m・水面上14m。
昔は深山渓谷地帯の唯一の交通施設でした。
3年毎に架替えが行われています。(国・県指定重要有形民俗文化財)

| 観光のご案内 | 07:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阿波人形浄瑠璃

阿波人形浄瑠璃

徳島県を代表する伝統芸能,阿波人形浄瑠璃。
義太夫節(ぎだゆうぶし)による三人遣い(さんにんづかい)の人形芝居で,かっては各地の神社の境内に建てられた農村舞台で祭礼などとして上演されてきました。

阿波人形浄瑠璃は,農村舞台など屋外での公演がほとんどであったことから,文楽よりも頭(かしら)が大きく,はっきりとした顔立ちの人形を使っていることが,大きな特徴となっています。

源流を淡路(江戸時代,淡路島は徳島藩の知行地でした。)に発するといわれる阿波人形浄瑠璃は,藩主,蜂須賀家の庇護を受け,西日本を代表する人形浄瑠璃として発展しました。

明治時代中期以降,映画等の新たな娯楽の登場や戦争の影響で一時急速に衰えましたが,昭和21年に阿波人形浄瑠璃振興会の結成などにより,徐々に復興し,平成11年には「国指定重要無形文化財」になっています。

徳島市の阿波十郎兵衛屋敷では,毎日阿波人形浄瑠璃を上演しています。


| 観光のご案内 | 07:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

徳島県への移住ガイド

ふるさととくしま

徳島県では、これまで我が国の経済発展を支えてこられた「団塊の世代」をはじめとする県外在住の皆様に、その豊富な知識や経験などを、徳島の経済・地域社会で活かしていただき、ともに、「これからの徳島」の発展の一翼を担っていただきたいと考えています。

そこで、地域の暮らしの情報や、実際に移住された方々の声などをご紹介することにより、これまで故郷徳島を離れて生活してこられた皆様はもとより、新たに地方への移住を考えておられる方々にも、「第二の人生」のスタートの地として徳島を選んでいただきたいと考え、パンフレット「ふるさととくしま」を作成しました。

当事務所で配布していますので、ぜひお持ち帰りいただき、ゆっくりとごらんいただければと思います。

| 徳島で暮らす | 07:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そば米雑炊

そば米雑炊

徳島の伝統的な料理、「そば米雑炊」。
お米の代わりに、そばの実を蒸して殻を取り、乾燥させた「そば米」を使った雑炊です。
今では徳島県全域で食べられいますが、元々は平家の落人伝説が伝わる祖谷(いや)地方の食べ物です。
祖谷地方は平地が少なく、他で米を作ることができないため、山を切り開いた焼き畑で栽培期間が短いそばを作っていました。
そば米雑炊は、落人たちが都をしのんで正月料理に作ったのが始まりと言われています。

作り方は簡単。
1.そば米をよく洗い、柔らかくなるまでゆで、きれいに洗って水気を切ります。
2.昆布で取っただし汁に鶏肉とにんじん、大根、ゴボウ、干ししいたけなどを加えてよく煮ます。その後、かまぼこを加え、あたためます。
3.最後にそば米を加えてあたため、器に盛り、ねぎを散らして完成!

ほろほろっとしたそば米の食感がたまりません!

| 物産のご紹介 | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラフティング!

ラフティング

小歩危のラフティング

ゴム製のボートを使って激流を下るラフティング。
吉野川の大峡谷「大歩危・小歩危」は、ラフティングのメッカとして世界的に有名です。
眼前に迫る白く泡立つ激流は迫力満点!ハラハラどきどきの体験を満喫できます。
でも、ゴムボートに同乗するツアーガイドの指示に従っていれば安心。
大自然の中でスリルあふれる感動体験、あなたもしてみませんか?


| アウトドアスポーツ | 07:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ふるさとフェア」のご案内

ふるさとフェア

4月20日(月)~24日(金)の5日間,中日ビル4階で,ふるさとフェアを開催します。

当県をはじめ、北は青森から南は沖縄まで,全国17県が名産品・特産品の展示販売と観光パンフレットの配布を行います。

徳島県では,鳴門わかめや半田そうめんなどを販売予定!ぜひ,ご来場ください。

会場:中日ビル4階
会期:平成21年4月20日(月)~24日(金)
時間:午前10時~午後6時(24日は午後5時まで)


| お知らせ | 08:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「安く」「近く」なったとくしまへおいでなして!

 今年度ブログを担当いたします(た)と申します。
 これから徳島のあれやこれやをご紹介いたしますので,よろしくお願いいたします。
 さて,昨年の新名神の開通,3月からの高速料金の値下げで,徳島が「安く」「近く」なったことは皆さまごぞんじですよね~。
 そこで,この機会に徳島へおいでいただくために,春から秋にかけて開催される主なイベントが一目でわかるパンフレットを作成しました!
 このほかにも様々なパンフレットを取り揃えておりますので,皆さまどうぞお気軽に徳島県名古屋事務所までお問い合わせください。
イベントガイド1
イベントガイド2

| 観光のご案内 | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳴門わかめ

鳴門わかめの収穫

鳴門海峡の潮流にもまれ育った鳴門わかめは、鮮やかな新緑の色とシコシコとした歯ごたえが自慢です。
「わかめ」というと「おみそ汁」を思い浮かべる方、多いんじゃないでしょうか。
美味しいわかめのおみそ汁をつくる、ちょっとしたコツをお教えしちゃいます。
それは、わかめをお鍋に入れて煮るのではなく、水で戻したわかめを器に入れてから汁を注ぐということ。こうするとわかめ本来の香りと歯ごたえを楽しむことができます。
是非おためし下さい。
鳴門わかめは、当事務所のアンテナショップでお求めいただけます。

| 観光のご案内 | 10:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふし麺

ふしめん

「ふしめん」ってご存じですか?
美味しい半田そうめんの一番美味しいところ。それが「ふしめん」。
そうめんを乾燥するとき、サオに掛けます。サオに掛かかった部分は、そうめんの重さで平たくなります。その部分を切りとったものが「ふしめん」です。
重さがかかっているので、とてもコシが強く、シコシコとした歯ざわりです。
みそ汁やお吸い物の具にしたり、マカロニの代わりにサラダに使ってもとても美味しくいただけます。


| 物産のご紹介 | 07:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

船窪のツツジ公園

船窪のツツジ公園

吉野川市山川町奥野井にある船窪のツツジ公園です。
阿波富士とも言われ美しい姿の高越山(標高1,133m)から奥野々山(標高1,159m)に通じる峰筋にあり、面積は約3ha。
船底形の窪地(標高 1,060m)に朱赤色のオンツツジを中心に約1,200株が大群生しています。
1985年(昭和60年)に「船窪のオンツツジ群落」として、国の天然記念物に指定されました。
5月中旬が見ごろです。

| 観光のご案内 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月