FC2ブログ

徳島県名古屋事務所

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

≫ EDIT

阿波人形浄瑠璃

阿波人形浄瑠璃

徳島県を代表する伝統芸能,阿波人形浄瑠璃。
義太夫節(ぎだゆうぶし)による三人遣い(さんにんづかい)の人形芝居で,かっては各地の神社の境内に建てられた農村舞台で祭礼などとして上演されてきました。

阿波人形浄瑠璃は,農村舞台など屋外での公演がほとんどであったことから,文楽よりも頭(かしら)が大きく,はっきりとした顔立ちの人形を使っていることが,大きな特徴となっています。

源流を淡路(江戸時代,淡路島は徳島藩の知行地でした。)に発するといわれる阿波人形浄瑠璃は,藩主,蜂須賀家の庇護を受け,西日本を代表する人形浄瑠璃として発展しました。

明治時代中期以降,映画等の新たな娯楽の登場や戦争の影響で一時急速に衰えましたが,昭和21年に阿波人形浄瑠璃振興会の結成などにより,徐々に復興し,平成11年には「国指定重要無形文化財」になっています。

徳島市の阿波十郎兵衛屋敷では,毎日阿波人形浄瑠璃を上演しています。


| 観光のご案内 | 07:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月