FC2ブログ

徳島県名古屋事務所

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鳴門わかめの種類

鳴門わかめ

鳴門わかめは、豊かな味わいが長持ちするよう、独特の加工をしています。
その代表的なものをご紹介します。

湯通し塩蔵わかめ
海でとったわかめを熱湯に通したあと、水で冷却し塩蔵処理して脱水し、最後に中茎の部分を抜き取ったもの。
>もどし方
水で5、6回洗って塩気を抜き、よく水抜きする。

灰干わかめ
海でとったわかめに十分に炭灰をまぶして、天日でよく乾燥させたもの。
>もどし方
食塩水に浸し、灰汁が出なくなるまで十分もみ洗いする。

糸わかめ
灰干しわかめ(又は湯通し塩蔵かわけ)を良く水で洗い、中茎を抜き取ったあと細かく裂き、乾燥させたもの。
>もどし方
数分間水に浸したあと、水洗いして水気を切る。

| 物産のご紹介 | 14:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://awanokuni.blog95.fc2.com/tb.php/31-2bb77dca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT